「習近平の中国経済」石原享一著

公開日: 更新日:

 世界経済が、いまや中国抜きに語れないのは事実。しかし、その実態はどうか。GDP総額で中国がいずれ米国を抜くのは明白。その成長を支えるのは①スマホ決済②シェアサイクル③ネット通販④高速鉄道だという。たしかにインバウンド旅行者を見てもキャッシュレス決済の霊験はあらたかだ。

 その一方、成長のツケもあらわになった。アナリストとして中国経済を40年間見てきた著者でさえ、近年の中国は気疲れし、マナーの悪さや社会的信用の欠如に驚くという。とはいえ高度成長期の日本人も似たようなものだった。

 むしろ本当の問題は政治家や官僚、経営者らの支配層だ。改革開放時代、国有企業は民営化を迫られたが、いまは「国進民退」といって新国有企業優遇。富国のためには食品の安全など企業文化の確立が求められるが、果たして政財癒着のもとで実現できるかどうかは大きな課題だろう。

 新書サイズながら多方面にわたる視点とデータが豊富に示されている。(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る