「海の地政学」竹田いさみ著

公開日: 更新日:

 15世紀の大航海時代以降、海洋覇権をめぐりしのぎを削ってきた各国の攻防を地政学的視点から振り返る海洋史。

 1492年の新大陸発見を機に、スペインとポルトガルが海洋進出を加速。この時代、領海という概念はなく海洋は無秩序だった。両国の海洋競争が激化し、大きな対立に発展する危険性が高まり、ローマ教皇の調停で世界初の海洋分割が行われる。以降、19世紀にはイギリスが海の覇者となり、20世紀にはアメリカが台頭。そして1994年に一国家による一方的な海洋支配を食い止めるため、海の憲法とも呼ばれる国連海洋法条約が発効される。

 だが、21世紀に入り、中国がこの“憲法”に挑戦する姿勢を示している。こうした海洋秩序の変遷に焦点を当て、近現代史を海から捉えなおす。

(中央公論新社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

もっと見る

人気キーワード