ドラマ「同窓生」で“独女”熱演 板谷由夏が語る「自己分析」

公開日: 更新日:

 4日放送の第9話では修羅場を迎える。ドラマ「同窓生」(木曜21時~、TBS系)に出演している女優の板谷由夏(39)。これまではきっぷのいい姉御肌の役柄が“専売特許”だったが、今回は妻子持ちの旧友と恋仲になる悩み多き39歳“独女”を演じる。アラフォーの人生観を巧みに描いた作品。本人がリアルな心境を独白してくれた。

■「私、えらく面倒くさいタイプのようです」

 どっぷり恋愛ドラマは30代に入って初めてかも。キスシーンやベッドシーンも含め、迷いや戸惑いはありませんでした。

 自分自身が40代を迎えるにあたって、いろいろなことをカスタムしていかなきゃなって。何かこう、自分に引っ付けてきた垢みたいなものをゴソッと落とす勇気も欲しい。そんな等身大の思いを抱える役に巡り合えたことに大きな意味を感じています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  10. 10

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

もっと見る