ドラマ「同窓生」で“独女”熱演 板谷由夏が語る「自己分析」

公開日: 更新日:

 4日放送の第9話では修羅場を迎える。ドラマ「同窓生」(木曜21時~、TBS系)に出演している女優の板谷由夏(39)。これまではきっぷのいい姉御肌の役柄が“専売特許”だったが、今回は妻子持ちの旧友と恋仲になる悩み多き39歳“独女”を演じる。アラフォーの人生観を巧みに描いた作品。本人がリアルな心境を独白してくれた。

■「私、えらく面倒くさいタイプのようです」

 どっぷり恋愛ドラマは30代に入って初めてかも。キスシーンやベッドシーンも含め、迷いや戸惑いはありませんでした。

 自分自身が40代を迎えるにあたって、いろいろなことをカスタムしていかなきゃなって。何かこう、自分に引っ付けてきた垢みたいなものをゴソッと落とす勇気も欲しい。そんな等身大の思いを抱える役に巡り合えたことに大きな意味を感じています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る