• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

沢尻ドラマの功労者 “アラフォー女優”板谷由夏のアネゴ肌

「ZERO」キャスター歴7年

 8年ぶりの主演ドラマ「ファースト・クラス」(フジテレビ系)が好評に終わり、久しぶりに女優として存在感をアピールした沢尻エリカ(28)。だが、今回の返り咲きは、ひとりのアラフォー女優なくしては成し得なかった。沢尻演じる新米編集者の尊敬すべき上司であり、敵役としてヒロインを引き立てた板谷由夏(39)である。

 何も役柄に限った話ではない。沢尻とは「別に」発言で舞台挨拶を台無しにした映画「クローズド・ノート」(07年)で共演した間柄。作品をぶち壊したお騒がせ女優との絡みとなれば、オファーを蹴っても不思議ではないが、「女優としての沢尻の力を評価している証し。本人もつまらない外野の声を気にするようなタイプではない」(テレビ関係者)と“男前”な評判が聞こえてくる。

 そんな板谷自身はトシを重ねるにつれ、女優としての評価がどんどん高まっている。「現在、水面下では映画やドラマの出演オファーが殺到している」(関係者)というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事