沢尻ドラマの功労者 “アラフォー女優”板谷由夏のアネゴ肌

公開日: 更新日:

「ZERO」キャスター歴7年

 8年ぶりの主演ドラマ「ファースト・クラス」(フジテレビ系)が好評に終わり、久しぶりに女優として存在感をアピールした沢尻エリカ(28)。だが、今回の返り咲きは、ひとりのアラフォー女優なくしては成し得なかった。沢尻演じる新米編集者の尊敬すべき上司であり、敵役としてヒロインを引き立てた板谷由夏(39)である。

 何も役柄に限った話ではない。沢尻とは「別に」発言で舞台挨拶を台無しにした映画「クローズド・ノート」(07年)で共演した間柄。作品をぶち壊したお騒がせ女優との絡みとなれば、オファーを蹴っても不思議ではないが、「女優としての沢尻の力を評価している証し。本人もつまらない外野の声を気にするようなタイプではない」(テレビ関係者)と“男前”な評判が聞こえてくる。

 そんな板谷自身はトシを重ねるにつれ、女優としての評価がどんどん高まっている。「現在、水面下では映画やドラマの出演オファーが殺到している」(関係者)というのだ。

■同世代の女性から圧倒的支持

 なぜ支持されるのか。コラムニストの桧山珠美氏はこう分析する。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方