日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夫はTOKIO松岡似 「テレ朝の朝の顔」赤江珠緒の私生活

TBSラジオ「たまむすび」は

「テレ朝の朝の顔」を務めるようになり、今年4月で7年目に突入。持ち前の愛嬌に加え、ここ数年の赤江珠緒(39)には貫禄すら感じられる。

 大阪の準キー局である朝日放送を07年に退社し、フリーに転向。「モーニングバード!」の前身である「スーパーモーニング」の司会者に抜擢された。それ以降、番組が一新されても赤江のポジションは不動。そして現在に至るわけだが――。

「『バード』がスタートした11年当初は、羽鳥慎一と2人揃って局アナではなく外部の人間が司会を務めるとあって、やっかみ半分、周囲の風当たりは強かった。個人事務所で大きな後ろ盾があるわけでもなく、彼女の人柄が買われての起用でしたが、最近は的確なコメント力と仕切りのうまさで余人をもって代えがたい存在です。経験を積んで余裕も出てきたのでしょうが、結婚生活も仕事にうまく作用しているようなんです。08年に『スーパーモーニング』を担当していたテレ朝社員と職場結婚。3つ年上の旦那は、TOKIOの松岡似のイケメンで現在は『報道ステーション』のディレクター。妻は朝、夫は夜の帯番組を担当しているから、生活時間帯が全くかみ合わない。倦怠(けんたい)期を迎えるヒマもないくらいとか。赤江にとって主婦業に追われることなく、仕事に集中できる環境というわけです」(テレ朝関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事