夫はTOKIO松岡似 「テレ朝の朝の顔」赤江珠緒の私生活

公開日:  更新日:

TBSラジオ「たまむすび」は

「テレ朝の朝の顔」を務めるようになり、今年4月で7年目に突入。持ち前の愛嬌に加え、ここ数年の赤江珠緒(39)には貫禄すら感じられる。

 大阪の準キー局である朝日放送を07年に退社し、フリーに転向。「モーニングバード!」の前身である「スーパーモーニング」の司会者に抜擢された。それ以降、番組が一新されても赤江のポジションは不動。そして現在に至るわけだが――。

「『バード』がスタートした11年当初は、羽鳥慎一と2人揃って局アナではなく外部の人間が司会を務めるとあって、やっかみ半分、周囲の風当たりは強かった。個人事務所で大きな後ろ盾があるわけでもなく、彼女の人柄が買われての起用でしたが、最近は的確なコメント力と仕切りのうまさで余人をもって代えがたい存在です。経験を積んで余裕も出てきたのでしょうが、結婚生活も仕事にうまく作用しているようなんです。08年に『スーパーモーニング』を担当していたテレ朝社員と職場結婚。3つ年上の旦那は、TOKIOの松岡似のイケメンで現在は『報道ステーション』のディレクター。妻は朝、夫は夜の帯番組を担当しているから、生活時間帯が全くかみ合わない。倦怠(けんたい)期を迎えるヒマもないくらいとか。赤江にとって主婦業に追われることなく、仕事に集中できる環境というわけです」(テレ朝関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る