「ギリギリまで…」がん闘病中の石田信之が命がけで舞台PR

公開日:  更新日:

「引退? これっぽちも考えたことないですね」

 笑顔でこう話したのは、今月3日にがんの再発を公表した俳優の石田信之(64)。28日、自身が脚本・演出を務める舞台「遠き夏の日」の製作発表会見が開かれ、病状や現在の体調について語った。

 一昨年の秋ごろから痛みを感じ始め、昨年2月に娘に連れられ病院に行くとがんが見つかり即入院。その翌月、自身のブログで「ステージ4」(末期)のがんであることを告白した。この日も「6時間くらい大腸を手術して、その後に肝臓と胃もやって……11カ月間で4回手術した。疲れますね。今年3月のPET検査の時点では何もなかったけど、今年6月26日のPETで再発が分かって、お医者さんから『好きなことをやってください』と言われた」と説明。

 現在は3~6カ月の抗がん剤治療の休薬期間であることも明かし、「この舞台に懸けてます。倒れるギリギリのところまでやりたい」と命がけでPRしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る