視聴者も年取り…「ヒデキカンレキ」効果で同世代がTVで人気

公開日:  更新日:

 西城秀樹、あべ静江、西口久美子、伊藤咲子らが以前から「同窓会コンサート」を開いてきたが、最近、こうしたメンバーがテレビに出る機会が増えている。

 8日にはそのものズバリ「チーム同窓会 HIT SONG JAPAN」をBS日テレが放送したし、その2日前にはBSフジが西城秀樹単独で「ヒデキカンレキ!」を特集。

 BSばかりではない。TBSは4月に「明石家さんまの芸能人かえうた王決定戦SP」で同窓会のレギュラーメンバーを登場させ、テレビ朝日も同じくさんまがMCの番組「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」でリリーズを起用した。伊藤咲子、今陽子らの出演情報をみると、今後もテレビに出ずっぱりだ。

「西城秀樹効果でしょうかねぇ。病を乗り越えた秀樹が4月のバースデーライブで“ヒデキカンレキ”とやったことが話題になり、かつての映像がテレビでも繰り返し流された。そこから70年代アイドルが見直され、今につながっていると思います」(テレビ関係者)

 テレビ視聴者の中心が還暦近くになってきたことの証しか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る