視聴者も年取り…「ヒデキカンレキ」効果で同世代がTVで人気

公開日: 更新日:

 西城秀樹、あべ静江、西口久美子、伊藤咲子らが以前から「同窓会コンサート」を開いてきたが、最近、こうしたメンバーがテレビに出る機会が増えている。

 8日にはそのものズバリ「チーム同窓会 HIT SONG JAPAN」をBS日テレが放送したし、その2日前にはBSフジが西城秀樹単独で「ヒデキカンレキ!」を特集。

 BSばかりではない。TBSは4月に「明石家さんまの芸能人かえうた王決定戦SP」で同窓会のレギュラーメンバーを登場させ、テレビ朝日も同じくさんまがMCの番組「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」でリリーズを起用した。伊藤咲子、今陽子らの出演情報をみると、今後もテレビに出ずっぱりだ。

「西城秀樹効果でしょうかねぇ。病を乗り越えた秀樹が4月のバースデーライブで“ヒデキカンレキ”とやったことが話題になり、かつての映像がテレビでも繰り返し流された。そこから70年代アイドルが見直され、今につながっていると思います」(テレビ関係者)

 テレビ視聴者の中心が還暦近くになってきたことの証しか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  6. 6

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  7. 7

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  8. 8

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  9. 9

    嵐が会見で語らなかった密着ドキュメンタリーの世界戦略

  10. 10

    GM会議でも評価低く…西武・秋山に囁かれる年齢以外の問題

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る