日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視聴者も年取り…「ヒデキカンレキ」効果で同世代がTVで人気

 西城秀樹、あべ静江、西口久美子、伊藤咲子らが以前から「同窓会コンサート」を開いてきたが、最近、こうしたメンバーがテレビに出る機会が増えている。

 8日にはそのものズバリ「チーム同窓会 HIT SONG JAPAN」をBS日テレが放送したし、その2日前にはBSフジが西城秀樹単独で「ヒデキカンレキ!」を特集。

 BSばかりではない。TBSは4月に「明石家さんまの芸能人かえうた王決定戦SP」で同窓会のレギュラーメンバーを登場させ、テレビ朝日も同じくさんまがMCの番組「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」でリリーズを起用した。伊藤咲子、今陽子らの出演情報をみると、今後もテレビに出ずっぱりだ。

「西城秀樹効果でしょうかねぇ。病を乗り越えた秀樹が4月のバースデーライブで“ヒデキカンレキ”とやったことが話題になり、かつての映像がテレビでも繰り返し流された。そこから70年代アイドルが見直され、今につながっていると思います」(テレビ関係者)

 テレビ視聴者の中心が還暦近くになってきたことの証しか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事