復帰はまだ先? 宇多田ヒカルの果てなき“人間活動ツイート”

公開日: 更新日:

この調子だと復帰はまだ期待できそうにないか――。そんな声も聞こえてくる。

昨年5月に8歳下のイタリア人バーテンダー、フランチェスコ・カリアンノ氏と結婚し、ロンドンで生活しているシンガーソングライターの宇多田ヒカル(32)のことだ。

 2010年9月にツイッターを開始した宇多田は、歌手活動を無期限休止して「人間活動」に入ることを宣言。それ以降はツイッターでの情報発信がメーンとなっているが、そのつぶやきは日常生活の域を出ることはなく、いまだ「人間活動」に専念している模様だ。

 半月ぶりの更新となった日本時間28日未明のツイートでは、「一番お気に入りのサングラスをタクシーに忘れてパクられてしまったり、乗ってるバスに乗用車が不注意で突っ込んできたり、用事があったビルで火災報知器が誤作動したり、なんとも落ち着かない一日だった。むにゃむにゃ」と散々な1日だったことを報告。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  5. 5

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

  8. 8

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  9. 9

    首相夫人まで私物化 桜を見る会に“聖心同窓会”アッキー枠

  10. 10

    政治を私物化した安倍首相殿「もうバイバイ」でどうですか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る