NHK紅白復帰に執念…演歌枠は小林幸子ら三つ巴バトルか

公開日: 更新日:

 近年は「ラスボス」とあがめられ、ニコニコ動画やコミケ(コミックマーケット)で絶大な人気を誇っている小林幸子(61)。4月にはプロレスデビューも飾り、完全にイロモノ路線へ舵を切ったかと思いきや、しぶとい。NHK紅白歌合戦33年連続出場の記録が途絶えて3年、今年こそはと念願の“紅白復帰”に奮起しまくっている。

 1月から6月までで20回を超える地方コンサートを開催し、今後も予定がぎっしり。合間を縫うかのようにラジオやテレビの歌番組に出演し、今月28日はNHK紅白歌合戦出場の布石となる「のど自慢」にゲスト出演する予定だ。12年春のお家騒動に端を発し、暗いイメージを引きずったままだったが、最近は「大手事務所の社員で業界に精通する人物が小林の面倒を見ており、大きな仕事が増えている」(芸能関係者)というのも、視線の先に紅白という大舞台が見えているならナットクなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る