日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石坂浩二を降板させた 「鑑定団」プロデューサーの評判

 俳優の石坂浩二(74)が、94年4月の番組スタート時から出演している「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)の降板を同局から通告されていたことが明らかになり、波紋が広がっている。

 28日の定例会見で同局の高橋雄一社長は「改編に関することは申し上げられない」としたが、石坂はこの2年ほど番組内で発言がほとんどなく、発言部分が意図的にカットされているのではないかという疑問が視聴者から寄せられていた。

 一部報道によると、芸術に造詣が深く、同番組をライフワークにしていた石坂側はギャラの減額まで申し出たそうだが降板は覆らず。番組最大の功労者で顔でもある石坂は3月いっぱいで画面から消えることが確定的になった。

 気になる降板理由について囁かれているのが番組プロデューサーA氏との確執だ。どんな人物なのか。関係者がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事