• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒木瞳 初メガホンで痛感「監督というのは地味な作業」

 23日、黒木瞳(55)が東京・日本外国特派員協会で、監督に初挑戦した映画「嫌な女」の記者会見に出席。「この年齢でやったことのないことをできたことにワクワクしました」と初メガホンの感想を語った。

 現在、すでに女優として同作品のドラマ版の撮影に入っているというが、「この映画で8カ月ほど(女優として)撮影をしなかったけれど、戻ったときに現場で『監督』って聞こえて、ふっと振り向いた自分が怖かったです」と苦笑い。

「女優業と監督業、どちらが自分に合っている?」という問いには、「これで『監督』と答えたら、私の35年は何だったんだと悲しくなるので、答えづらい質問ですが……。監督というのは、すごく地味な作業が続くんですが、意外とそういうコツコツと地味な作業が好きなんだなということを発見しました」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る