• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「嫌な女」でメガホンの黒木瞳はわがままを封印できるのか

 黒木瞳が映画監督を手がける。作品は桂望実原作「嫌な女」の映画化で、対照的な性格の持ち主である2人の女性を描く。8月1日からクランクインだそうだ。

 有名女優が監督業をやるのはレアケース。田中絹代が53年に「恋文」で監督デビュー、計6本を演出した。近年では桃井かおりが「無花果の顔」を監督したくらい。松田優作や役所広司など男優の監督作は結構あるのに女優の監督作の少なさは意外な気もする。

「嫌な女」は黒木自身の企画だという。松竹に持ち込み、同社が製作にゴーサインを出した。松竹は最近、製作本数を増やし、さまざまな企画を進めている。しかも、大手のなかではもっとも自社製作に積極的な会社で、黒木の熱意が伝わったのだろう。

 彼女自身は映画に出演せず、今が旬の30代の女優が主役を張るという。桃井は監督作でも出演している。監督する作品でも女優なら出たがるのが普通。黒木はそれだけ演出面に懸けているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る