DAIGOは大丈夫? タカラジェンヌに恋する北川景子の理想像

公開日:  更新日:

 女優の北川景子(28)が11日にアップした自身のブログで、先月「宝塚始め」をしたことを明かし、宝塚歌劇への愛を熱くつづっている。雪組の公演「ルパン三世」には2度も足を運び、主演の早霧せいなを「ちぎ様」、マリーアントワネットを演じた咲妃みゆを「ゆうみ様」の愛称で呼ぶ熱の入れよう。

 宙組の公演については「かい様」こと男役の七海ひろきがお気に入りで、<かい様のようなかっこいい人にだったら声が嫌い、服が嫌い、あれが嫌い、これが嫌いって散々言われてもいい><私はかい様の嫌いなところなんてもちろん一つもないし、全部大好きだから>などと、“恋する乙女”そのものだ。

 北川の“ヅカファン(=宝塚ファン)”歴は長く、テレビ番組でもたびたび宝塚について語っている。2013年に元花組トップ・蘭寿とむと「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)で共演した際は、ほおを赤く染め、普段は見せないような笑顔を見せた。昨年放送のドラマ「HERO」(同)の撮影現場では、共演したキムタクが呆れるほど宝塚トークばかりしていたともいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る