• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸能界の母・小泉今日子が能年玲奈に渡した“復活への鍵”

 24日に行われたJ-WAVEの公開収録イベント(放送は29日18時~)に登場した小泉今日子(50)。

 2007年4月号から16年1月号までカルチャー誌「SWITCH」で連載していた「原宿百景」を取りまとめたエッセー集「黄色いマンション 黒い猫」(スイッチ・パブリッシング)の刊行を記念したトークイベントで、長年親交のある糸井重里(67)を相手にあれやこれや語ったのだった。

「フツーにコンビニにも『和民』にも行く」という芸能人らしからぬ庶民派の日常のほか、「大人が悪ふざけしやがってって思ってました(苦笑い)」と、代表曲「なんてったってアイドル」を歌っていた当時の心境や14歳で一家離散して父親と2人暮らしになった過去を振り返ったキョンキョン。

 50歳になった自分の芸能界での立ち位置については、「若い頃に年上の先輩たちから多くのことを教えてもらった。それをビーズ(のネックレス)みたいにつなげたいって思う。それが今一番の欲望なのかも」。人生の先輩として後輩の“育成”を強く意識しているようで、事務所独立騒動で表舞台から姿を消し、休業状態にある能年玲奈(22)をおもんぱかるような発言も飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る