芸能界の母・小泉今日子が能年玲奈に渡した“復活への鍵”

公開日: 更新日:

 24日に行われたJ-WAVEの公開収録イベント(放送は29日18時~)に登場した小泉今日子(50)。

 2007年4月号から16年1月号までカルチャー誌「SWITCH」で連載していた「原宿百景」を取りまとめたエッセー集「黄色いマンション 黒い猫」(スイッチ・パブリッシング)の刊行を記念したトークイベントで、長年親交のある糸井重里(67)を相手にあれやこれや語ったのだった。

「フツーにコンビニにも『和民』にも行く」という芸能人らしからぬ庶民派の日常のほか、「大人が悪ふざけしやがってって思ってました(苦笑い)」と、代表曲「なんてったってアイドル」を歌っていた当時の心境や14歳で一家離散して父親と2人暮らしになった過去を振り返ったキョンキョン。

 50歳になった自分の芸能界での立ち位置については、「若い頃に年上の先輩たちから多くのことを教えてもらった。それをビーズ(のネックレス)みたいにつなげたいって思う。それが今一番の欲望なのかも」。人生の先輩として後輩の“育成”を強く意識しているようで、事務所独立騒動で表舞台から姿を消し、休業状態にある能年玲奈(22)をおもんぱかるような発言も飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る