テレ朝が来春新枠 「中高年向けドラマ」への期待度

公開日: 更新日:

 テレ朝で来春から、中高年向けドラマ枠が新たに組まれることが話題になっている。「若者向けばかり、見るべきドラマがない」という中高年の声に応えたもので、ゴールデンタイム以外の時間に毎日オンエアしていくという。

 第1弾は「北の国から」の倉本聰(写真)によるオリジナル作品「やすらぎの郷」。テレビの黄金期を生きたシナリオライターや俳優、ミュージシャンが集う老人ホームが舞台の群像、人情喜劇である。倉本は作品について「暗い話には絶対にしたくない。明るいこと。しみじみとしていること。悲しいこと。そして、あくまで笑えること」として、チャプリンのこんな言葉を挙げている。

「人生は、クローズアップで見ると悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇である」

 主人公のシナリオライターに石坂浩二のほか、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、八千草薫らがキャスティングされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る