テレ朝が来春新枠 「中高年向けドラマ」への期待度

公開日: 更新日:

 テレ朝で来春から、中高年向けドラマ枠が新たに組まれることが話題になっている。「若者向けばかり、見るべきドラマがない」という中高年の声に応えたもので、ゴールデンタイム以外の時間に毎日オンエアしていくという。

 第1弾は「北の国から」の倉本聰(写真)によるオリジナル作品「やすらぎの郷」。テレビの黄金期を生きたシナリオライターや俳優、ミュージシャンが集う老人ホームが舞台の群像、人情喜劇である。倉本は作品について「暗い話には絶対にしたくない。明るいこと。しみじみとしていること。悲しいこと。そして、あくまで笑えること」として、チャプリンのこんな言葉を挙げている。

「人生は、クローズアップで見ると悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇である」

 主人公のシナリオライターに石坂浩二のほか、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、八千草薫らがキャスティングされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る