渡瀬恒彦 胆のうがん闘病中も病気を伏せてドラマ収録

公開日:  更新日:

 俳優の渡瀬恒彦(71)が胆のうがんで闘病中であることが明らかになった。発売中の「女性セブン」が報じている。

 渡瀬は昨秋の健康診断で胆のうの腫瘍が判明。同誌によると手術はしておらず、投薬治療を続けているというが、一部スポーツ紙ではすでに手術を済ませたという報道もある。

 現在は主演ドラマ「警視庁捜査一課9係 Season11」(テレビ朝日系)が放送中だが、撮影現場では病気であることを伏せて仕事を続けていたという。渡瀬は所属事務所を通じて「撮影現場が僕に力をくれます。ご心配おかけしましたが、『9係』、その後予定しているドラマにもご期待ください」とコメント発表。名優の完全復帰が待たれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

もっと見る