“飲み食い”ドラマの先がけ 「孤独のグルメ」の偉大な功績

公開日: 更新日:

 この発表を聞いたとたん、フジテレビ幹部は「チッ」と舌打ちしたに違いない。テレビ東京の人気ドラマ「孤独のグルメ」が、この夏、スペシャル版を放送するという。

 番組企画はもともとフジテレビに持ち込まれたが、当時の幹部が一蹴。ところが、テレ東で人気番組になるや上層部が「どうしてウチでやらなかったのか」と激怒したのはもはや有名な話。

 昨年10月に放送されたシーズン5も好調で、深夜ながら5%の視聴率を記録している。これはゴールデンなら15%に匹敵する数字だという。さらに、番組から火がついて久住昌之の原作本もすでに60万部を突破、DVDも常にランキングの上位で、ネット配信でも固定ファンをガッチリとつかんだ鉄板コンテンツになっている。

「孤独のグルメ」の凄さはそればかりではない。ドラマ界の流れ自体を変えてしまった功績もあるのだ。シーズン1が放送された12年1月以降、「めしばな刑事タチバナ」「たべるダケ」「昼のセント酒」(いずれもテレビ東京系)、「花のズボラ飯」(TBS系)など主人公が食べたり飲んだりするだけのユル~いドラマが続々と登場している。このブームは当分収まりそうにない。

 そして、まだ発表されてはいないが、今年10月にはシーズン6が放送されるのも当然の流れ。今や中高年だけでなく、女性視聴者にも好評な“飲み食い”系ドラマ。「孤独のグルメ」を最初にドラマにしようと思い立ったプロデューサーはエライ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る