• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松本潤がダジャレ連発 ドラマ「99.9」小ネタ満載の狙い

 第9話までの平均視聴率は16.9%をマーク。嵐の松本潤(32)主演の「99.9―刑事専門弁護士―」(TBS系、日曜21時)は今期はおろか、今年放送の民放ドラマナンバーワンが確実視されている。

 そんな中、視聴率以上に茶の間で注目されているのは、制作陣によるちょっとした「お遊び」だ。エンドロールと呼ばれる番組最後に流れるクレジットの中で、ひとりのスタッフ(瀧悠輔氏)の肩書が5話目以降、いじられまくっているのだ。

 たとえば、こんな具合。〈FANTASISTA〉にはじまり〈ナイアガラの〉〈それいけ!(短パンマン)〉〈「99.9」は別件〉……。演出、プロデューサー、制作担当、制作主任といった肩書が並ぶ中で異彩を放っており、ネット上ではまとめサイトが立つほど盛り上がっている。

 過去の連ドラでも、出演者やスタッフら全員の出身地や血液型を明記するといったお遊びはあったが、「今回はさらにレア度が増した巧妙な仕掛けで、思わずSNSなどで拡散したくなる。制作陣の策に見事にハメられたって感じですね」(コラムニストの桧山珠美氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る