三枚目発揮する藤竜也 たどり着いた境地は“笑われる喜び”

公開日:  更新日:

 俳優の藤竜也(74)と映画監督の河瀬直美(47)が2日、「第4回 なら国際映画祭2016」のラインアップ発表会に出席した。

 映画祭で上映予定の「東の狼」で奈良の猟師を演じた藤。撮影は桜の時期で、現場は吉野桜で有名な地域だったこともあり、「僕の中で『今年も1年を生きられたな』というのは正月より桜なんです。宿舎に吉野桜がたくさん咲いていて楽しめました」としみじみ。

 1カ月間に及ぶ撮影では、現場に住む村人との交流もあったそうだが、「メシにしょっちゅう呼ばれてBBQやったりしているとビジターがやって来るんだけど、(来る人)みんな話が長い(笑い)」とボヤいて笑わせていた。

 最近は作品内やバラエティー番組でこれまでとは違った「三枚目」キャラを発揮している藤は、昨年公開された映画「龍三と七人の子分たち」ではオナラを連発したり女装姿まで披露。のちに女装について「笑われる喜び」と明かすなど、これまでの“渋爺”路線から脱線しつつある。「七十にして矩をこえず」という心境か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る