日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉田鋼太郎、渡部篤郎…バツアリ俳優と“銀座の女”の恋模様

 最近、「銀座ホステス」の肩書が目に付く。清原和博容疑者(48)が逮捕直前まで交際していた女性。俳優・吉田鋼太郎(57)が今年4度目の結婚をした相手も銀座。渡部篤郎(47)が中谷美紀と別れ、結婚相手に選んだのも銀座のホステスという。

 大人の社交場・夜の銀座は芸能界でも「銀座のクラブで飲めるようになったら一人前」と言われた時代があった。若手歌手が大きな顔で飲んでいると、遭遇した先輩歌手に「10年早いよ」と言われ、すごすごと退散する光景を目にしたこともある。

 石原裕次郎、勝新太郎らの豪快な飲み方は今や語り草になっている。政財界からスポーツ界の名だたる人たちも堂々と飲んでいた。ヤクザの幹部もここでは紳士の振る舞いだった。迎える銀座にも作詞家でも知られた山口洋子さんの店もあったし、タレントママもいた。

 芸能記者も定点観測する街として、芸能人とホステスが熱愛に発展すれば追いかけたものだった。昔、結婚発表時の彼女の肩書に「家事手伝い」というのがあった。「家事手伝いってなんやねん」とツッコミが入りそうなくらい死語に近い言葉。要は特に仕事をせずに家にいること。重宝な言葉だったが、肩書を変えても過去はバレやすいのが銀座。夜の井戸端会議の場でもある。噂も含めエピソードには事欠かない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事