連ドラ3本演じ分け 最も使いたい俳優・遠藤憲一は硬軟両用

公開日:  更新日:

 下馬評では今期の連ドラで最も期待値が低かったにもかかわらず、初回視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した遠藤憲一(54)主演の「お義父さんと呼ばせて」(フジテレビ系)。同時間帯に放映されている深田恭子主演の「ダメな私に恋してください」を上回り大健闘した。ところが、2話目以降は6%前後を行ったり来たりと低迷している。

 それでも主演のエンケンこと遠藤憲一に対する女性視聴者からの評判の多くは「おちゃめでカワイイ!」。いまや日本を代表するコワモテ俳優のはずが、このところCMや昨年の主演ドラマ「民王」で「コワモテだけどかわいい」というイメージがついてしまった。

 そのせいか、ここ数年は連ドラに引っ張りダコだ。今期も「逃げる女」「真田丸」(ともにNHK)と「お義父さんと呼ばせて」の3番組に出演し、それぞれ刑事、武将、裸踊りまで披露してしまう恋するオジサンと、振り幅の大きな役柄を見事に演じ分けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る