連ドラ3本演じ分け 最も使いたい俳優・遠藤憲一は硬軟両用

公開日:  更新日:

 下馬評では今期の連ドラで最も期待値が低かったにもかかわらず、初回視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した遠藤憲一(54)主演の「お義父さんと呼ばせて」(フジテレビ系)。同時間帯に放映されている深田恭子主演の「ダメな私に恋してください」を上回り大健闘した。ところが、2話目以降は6%前後を行ったり来たりと低迷している。

 それでも主演のエンケンこと遠藤憲一に対する女性視聴者からの評判の多くは「おちゃめでカワイイ!」。いまや日本を代表するコワモテ俳優のはずが、このところCMや昨年の主演ドラマ「民王」で「コワモテだけどかわいい」というイメージがついてしまった。

 そのせいか、ここ数年は連ドラに引っ張りダコだ。今期も「逃げる女」「真田丸」(ともにNHK)と「お義父さんと呼ばせて」の3番組に出演し、それぞれ刑事、武将、裸踊りまで披露してしまう恋するオジサンと、振り幅の大きな役柄を見事に演じ分けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る