連ドラ3本演じ分け 最も使いたい俳優・遠藤憲一は硬軟両用

公開日: 更新日:

 下馬評では今期の連ドラで最も期待値が低かったにもかかわらず、初回視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した遠藤憲一(54)主演の「お義父さんと呼ばせて」(フジテレビ系)。同時間帯に放映されている深田恭子主演の「ダメな私に恋してください」を上回り大健闘した。ところが、2話目以降は6%前後を行ったり来たりと低迷している。

 それでも主演のエンケンこと遠藤憲一に対する女性視聴者からの評判の多くは「おちゃめでカワイイ!」。いまや日本を代表するコワモテ俳優のはずが、このところCMや昨年の主演ドラマ「民王」で「コワモテだけどかわいい」というイメージがついてしまった。

 そのせいか、ここ数年は連ドラに引っ張りダコだ。今期も「逃げる女」「真田丸」(ともにNHK)と「お義父さんと呼ばせて」の3番組に出演し、それぞれ刑事、武将、裸踊りまで披露してしまう恋するオジサンと、振り幅の大きな役柄を見事に演じ分けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る