• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連ドラ3本演じ分け 最も使いたい俳優・遠藤憲一は硬軟両用

 下馬評では今期の連ドラで最も期待値が低かったにもかかわらず、初回視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した遠藤憲一(54)主演の「お義父さんと呼ばせて」(フジテレビ系)。同時間帯に放映されている深田恭子主演の「ダメな私に恋してください」を上回り大健闘した。ところが、2話目以降は6%前後を行ったり来たりと低迷している。

 それでも主演のエンケンこと遠藤憲一に対する女性視聴者からの評判の多くは「おちゃめでカワイイ!」。いまや日本を代表するコワモテ俳優のはずが、このところCMや昨年の主演ドラマ「民王」で「コワモテだけどかわいい」というイメージがついてしまった。

 そのせいか、ここ数年は連ドラに引っ張りダコだ。今期も「逃げる女」「真田丸」(ともにNHK)と「お義父さんと呼ばせて」の3番組に出演し、それぞれ刑事、武将、裸踊りまで披露してしまう恋するオジサンと、振り幅の大きな役柄を見事に演じ分けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る