秀吉の次は総理役…小日向文世が漏らした“寂しさ”の理由

公開日:  更新日:

 NHK大河ドラマ「真田丸」の秀吉役で「過去のどの秀吉よりも秀吉っぽい」と大絶賛されている俳優・小日向文世(62)が、今度はテレビ朝日「グ・ラ・メ!」で総理大臣を演じる。現在、絶好調の名バイプレーヤーを直撃した。

  ◇  ◇  ◇

 確かに最近は「偉い人」を演じることが増えてきました。冬の月9「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」では巨大企業のワンマン社長、春は「重版出来!」で大御所漫画家。で、天下人・豊臣秀吉に総理大臣。僕もそんな偉い人の役を演じる年になったんだなって思います(笑い)。

 どの役を演じる時も、僕はまず台本のセリフを徹底的に理解することから始めます。咀嚼していくうちに役柄に血が通っていく。だから台本は必死に読み込みます。それが僕にとっての役づくりで、大河ドラマで秀吉を演じる時も変わりません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る