• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

秀吉の次は総理役…小日向文世が漏らした“寂しさ”の理由

 NHK大河ドラマ「真田丸」の秀吉役で「過去のどの秀吉よりも秀吉っぽい」と大絶賛されている俳優・小日向文世(62)が、今度はテレビ朝日「グ・ラ・メ!」で総理大臣を演じる。現在、絶好調の名バイプレーヤーを直撃した。

  ◇  ◇  ◇

 確かに最近は「偉い人」を演じることが増えてきました。冬の月9「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」では巨大企業のワンマン社長、春は「重版出来!」で大御所漫画家。で、天下人・豊臣秀吉に総理大臣。僕もそんな偉い人の役を演じる年になったんだなって思います(笑い)。

 どの役を演じる時も、僕はまず台本のセリフを徹底的に理解することから始めます。咀嚼していくうちに役柄に血が通っていく。だから台本は必死に読み込みます。それが僕にとっての役づくりで、大河ドラマで秀吉を演じる時も変わりません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る