怪獣流用も シリーズ50周年「ウルトラマン」特撮トリビア

公開日:  更新日:

 円谷プロの「ウルトラQ」に続いて、「ウルトラマン」が放送されたのは1966年。子供のころから親しんだウルトラマンシリーズは、今年50周年を迎えた。

「シン・ゴジラ」の大ヒットもあり、特撮ファンにとっては熱い一年だが、当時は特撮技術が確立されておらずCGもなかった。ミニチュアの撮影でいかにリアルに見せるか。同プロの創設者・円谷英二らの試行錯誤によって、特撮の技法が培われていったという。

 特撮に詳しいライターの岩佐陽一氏が言う。

「最も苦心したとされるのは水中や火を使ったシーン。たとえば、水を使うシーンでは、しぶきや波のサイズが、ミニチュアの建物や艦隊に比べて大きくなってしまって不自然になることがあります。そこで、小さな波を作るため扇風機で細かく水を揺らしたり、水の代わりに寒天を使ったりして工夫をこらしたのです。街が燃え尽くされるようなシーンでは、普通に火をつけると炎は上にのぼるので、地を這う炎を作るため、セットを逆さまにして火をつけることもありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る