• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

怪獣流用も シリーズ50周年「ウルトラマン」特撮トリビア

 円谷プロの「ウルトラQ」に続いて、「ウルトラマン」が放送されたのは1966年。子供のころから親しんだウルトラマンシリーズは、今年50周年を迎えた。

「シン・ゴジラ」の大ヒットもあり、特撮ファンにとっては熱い一年だが、当時は特撮技術が確立されておらずCGもなかった。ミニチュアの撮影でいかにリアルに見せるか。同プロの創設者・円谷英二らの試行錯誤によって、特撮の技法が培われていったという。

 特撮に詳しいライターの岩佐陽一氏が言う。

「最も苦心したとされるのは水中や火を使ったシーン。たとえば、水を使うシーンでは、しぶきや波のサイズが、ミニチュアの建物や艦隊に比べて大きくなってしまって不自然になることがあります。そこで、小さな波を作るため扇風機で細かく水を揺らしたり、水の代わりに寒天を使ったりして工夫をこらしたのです。街が燃え尽くされるようなシーンでは、普通に火をつけると炎は上にのぼるので、地を這う炎を作るため、セットを逆さまにして火をつけることもありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る