怪獣流用も シリーズ50周年「ウルトラマン」特撮トリビア

公開日: 更新日:

 円谷プロの「ウルトラQ」に続いて、「ウルトラマン」が放送されたのは1966年。子供のころから親しんだウルトラマンシリーズは、今年50周年を迎えた。

「シン・ゴジラ」の大ヒットもあり、特撮ファンにとっては熱い一年だが、当時は特撮技術が確立されておらずCGもなかった。ミニチュアの撮影でいかにリアルに見せるか。同プロの創設者・円谷英二らの試行錯誤によって、特撮の技法が培われていったという。

 特撮に詳しいライターの岩佐陽一氏が言う。

「最も苦心したとされるのは水中や火を使ったシーン。たとえば、水を使うシーンでは、しぶきや波のサイズが、ミニチュアの建物や艦隊に比べて大きくなってしまって不自然になることがあります。そこで、小さな波を作るため扇風機で細かく水を揺らしたり、水の代わりに寒天を使ったりして工夫をこらしたのです。街が燃え尽くされるようなシーンでは、普通に火をつけると炎は上にのぼるので、地を這う炎を作るため、セットを逆さまにして火をつけることもありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る