• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

怪獣流用も シリーズ50周年「ウルトラマン」特撮トリビア

 円谷プロの「ウルトラQ」に続いて、「ウルトラマン」が放送されたのは1966年。子供のころから親しんだウルトラマンシリーズは、今年50周年を迎えた。

「シン・ゴジラ」の大ヒットもあり、特撮ファンにとっては熱い一年だが、当時は特撮技術が確立されておらずCGもなかった。ミニチュアの撮影でいかにリアルに見せるか。同プロの創設者・円谷英二らの試行錯誤によって、特撮の技法が培われていったという。

 特撮に詳しいライターの岩佐陽一氏が言う。

「最も苦心したとされるのは水中や火を使ったシーン。たとえば、水を使うシーンでは、しぶきや波のサイズが、ミニチュアの建物や艦隊に比べて大きくなってしまって不自然になることがあります。そこで、小さな波を作るため扇風機で細かく水を揺らしたり、水の代わりに寒天を使ったりして工夫をこらしたのです。街が燃え尽くされるようなシーンでは、普通に火をつけると炎は上にのぼるので、地を這う炎を作るため、セットを逆さまにして火をつけることもありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る