映画「シン・ゴジラ」&「君の名は。」メガヒットの意味

公開日: 更新日:

 映画「シン・ゴジラ」に「君の名は。」と、大ヒット中の邦画で笑いが止まらないのが、東宝である。ともに配給したこの2本によって、2016年3~8月期純利益が165億円となり、114億5000万円だった従来予想より50億円、44%もの増益が見込まれるというのだ。

「シン・ゴジラ」は7月29日の公開からの2カ月で興行収入70億円を突破。8月26日公開の「君の名は。」はそれを上回り、日本のアニメ映画ではスタジオジブリの宮崎駿作品以外で初めて、興収100億円を超えている。

「日本映画の興行で、配給会社の儲けは興収の5~15%とされています。興行会社が50%、製作会社が35~45%という配分ですが、『シン・ゴジラ』の場合、東宝は製作も行い、主に自分たちのハコ(映画館)で興行しているのですから、普通の何倍もオイシイ。『君の名は。』が9月以降、本格的に業績貢献しますので、17年2月期の純利益が2期連続で過去最高となる可能性が高まっています」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る