• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酒井法子が完全復活か 単独ライブ盛り上げた“中国パワー”

 現役さながらのアイドルオーラを見せつけた。

 22日、都内でデビュー30周年記念コンサートを行った酒井法子(45)。ディナーショーなどを除く単独コンサートは16年ぶりで、2009年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けて以降初となった。

 膝上20センチのミニワンピースで登場し、まずはデビュー曲「男のコになりたい」を披露。集まったファン1200人に向かって、「みなさ~ん!いよいよ始まっちゃいました。喉カラッカラ……。いや~、16年ぶりですよ」と挨拶すると、「よろピクピク~!!」「マンモスうれピー!」と“のりピー語”で会場を盛り上げた。

 他にもピンクのチュールドレスやヘソ出しTシャツにミニスカートという衣装で登場するなど現役バリバリ。MCではファンの掛け声にツッコんだり、ノリがイマイチな後列の席を見渡して「『いや、オレは』とか『関係者だから』とか、そういうのはやめて盛り上がってください」とクギを刺して笑いを取る場面も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る