• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

実写版“ジョジョ”成功の鍵握る 敏腕プロデューサーの評判

 事前のリリースには、太字でデカデカと「超大型邦画企画製作・キャスト発表会見」とだけ。監督や主演の役者はおろか、タイトルも謎のベールに包まれたままという異例の会見が28日、ザ・リッツ・カールトン東京(港区赤坂)の大宴会場を貸し切って行われた。

 製作形態も異例で、東宝とワーナー・ブラザース・ジャパンが初めてタッグを組み、共同で製作・配給というから力の入れようもハンパではない。5年以上前から構想と準備に動いていたという「超大型邦画」の正体は、人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の初の実写映画化(漫画家・荒木飛呂彦氏原作、17年夏公開)だ。

 来年30周年を迎える長寿作を三池崇史監督がメガホンを取り、撮影の大半をスペインで敢行。いまもなお連載継続中で117巻まで出ているボリューミーな漫画だが、今作は「ダイヤモンドは砕けない第一章」という副題をつけ、日本を舞台とした第4部を描く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る