築地市場に密着1年 遠藤尚太郎監督が映画で伝えたいこと

公開日:  更新日:

 1935年の開場以来、80年余りにわたってわれわれの胃袋を支えてきた築地市場。その様子を一年間通して初めて撮影した映画「TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)」が10月1日、東劇での先行公開を迎える(全国ロードショーは15日~)。くしくも築地市場は「盛り土」問題によって豊洲新市場への移転に待ったがかかったばかり。都民が、国民が、固唾をのんで見守る“日本の台所”だが、スクリーンの中では躍動感にあふれていた。

 全110分に及ぶ本編の中で「移転」という言葉はひと言も出てこない。撮影期間は14年3月から15年6月までの1年4カ月。企画立案時にはすでに移転が前提だったが、監督の遠藤尚太郎氏(37)は「移転そのものをテーマにした作品ではない」と言う。あくまで伝えたかったのは、「築地開場から80年間で培ってきた食文化の豊かさ。そして、その食文化を日々育て、支えている築地市場で働く人々の思い」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る