築地市場に密着1年 遠藤尚太郎監督が映画で伝えたいこと

公開日: 更新日:

 1935年の開場以来、80年余りにわたってわれわれの胃袋を支えてきた築地市場。その様子を一年間通して初めて撮影した映画「TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)」が10月1日、東劇での先行公開を迎える(全国ロードショーは15日~)。くしくも築地市場は「盛り土」問題によって豊洲新市場への移転に待ったがかかったばかり。都民が、国民が、固唾をのんで見守る“日本の台所”だが、スクリーンの中では躍動感にあふれていた。

 全110分に及ぶ本編の中で「移転」という言葉はひと言も出てこない。撮影期間は14年3月から15年6月までの1年4カ月。企画立案時にはすでに移転が前提だったが、監督の遠藤尚太郎氏(37)は「移転そのものをテーマにした作品ではない」と言う。あくまで伝えたかったのは、「築地開場から80年間で培ってきた食文化の豊かさ。そして、その食文化を日々育て、支えている築地市場で働く人々の思い」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る