築地市場に密着1年 遠藤尚太郎監督が映画で伝えたいこと

公開日:  更新日:

 1935年の開場以来、80年余りにわたってわれわれの胃袋を支えてきた築地市場。その様子を一年間通して初めて撮影した映画「TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)」が10月1日、東劇での先行公開を迎える(全国ロードショーは15日~)。くしくも築地市場は「盛り土」問題によって豊洲新市場への移転に待ったがかかったばかり。都民が、国民が、固唾をのんで見守る“日本の台所”だが、スクリーンの中では躍動感にあふれていた。

 全110分に及ぶ本編の中で「移転」という言葉はひと言も出てこない。撮影期間は14年3月から15年6月までの1年4カ月。企画立案時にはすでに移転が前提だったが、監督の遠藤尚太郎氏(37)は「移転そのものをテーマにした作品ではない」と言う。あくまで伝えたかったのは、「築地開場から80年間で培ってきた食文化の豊かさ。そして、その食文化を日々育て、支えている築地市場で働く人々の思い」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る