高畑淳子 主演舞台“満員御礼”で脱した女優生命のピンチ

公開日:  更新日:

 女優・高畑淳子(61)の主演舞台「雪まろげ」が24日、東京・北千住のシアター1010で幕を開けワイドショーなど芸能マスコミの注目を浴びている。

 高畑は長男の高畑裕太(23)が8月に強姦致傷容疑で逮捕されたが、今月9日に示談が成立して不起訴処分に。それでも事件の影響でチケットの売れ行きが心配されていたが、同日の昼公演は700席が満員。カーテンコールではスタンディングオベーションが起こり、高畑は「ありがとうございました」と涙ながらにあいさつ。「頑張れ!」の声援も飛び、もらい泣きする観客が続出したという。

「高畑の役柄は人を喜ばせるためにウソをつく温泉芸者。事件があっただけに、終始、陽気に振る舞う姿がかなり痛々しかった。共演者の榊原郁恵、的場浩司、青木さやからは淡々と芝居をこなしていたが、森光子さんの代表作というプレッシャーもあったのか、高畑はわざとテンションを上げて大げさに演技しているようで空回りしていたように感じた観客も多かったのでは。スタンディングオベーションは芝居への評価ではなく、高畑自身に対してでしょう」(演劇ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る