日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

研ナオコ 金色に光るカルティエの財布は美輪明宏とお揃い

アロハシャツ風に折った1ドル紙幣がお守り(提供写真)

「あばよ」などのヒットを飛ばす前、研ナオコさんは東京・目黒の風呂なしアパートで、何年も地味な生活を送った。当時をこう振り返る。

「デビューは1971年。事務所は当時、月給3万5000円と言ってくれたのに、父は『子供にそんな大きなお金はダメ』と言って、…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事