81年ぶり名跡復活 右近改め「三代目 市川右團次」の実力

公開日: 更新日:

 今年も1月は東京だけで4つの劇場で歌舞伎公演があるが、どれかひとつを選べとなると、新橋演舞場だ。市川右近(53)の「三代目市川右團次襲名披露興行」である。

「右團次」といわれてもピンとこない人がほとんどだろう。なにしろ二代目が亡くなったのが戦前の1936年。81年ぶりの復活なのだ。幕末に活躍した名優に四代目市川小團次がいて、その子が初代左團次(養子)と初代右團次(実子)だった。他に五代目小團次もいた。

 右團次の名跡は初代の子が二代目として継いだが、その子は役者を廃業したので三代目にはならず、その子が当代(三代目)の右之助となった。初代と二代目は早替わりなどケレンを得意とする立役だったが、当代右之助は女形の脇役だ。うまい役者だが、初代と二代目とは芸風が異なるからか襲名せず、81年間も誰も右團次と名乗る役者はいなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る