• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芝翫は主役でも影薄く…今も“スター主義”健在の歌舞伎界

 11月は珍しく、歌舞伎座、国立劇場とも10月の「続き」である。歌舞伎座の中村芝翫襲名披露公演は出演者と演目を変えて2カ月目。昼の部は芝翫と息子3人で「連獅子」、夜の部は「盛綱陣屋」の盛綱を芝翫が初役で演じている。

 しかし口上で染五郎が「襲名する方々よりも多い5演目に出ております」と自分で言って笑わせていたように、全体に幸四郎・染五郎父子の印象が強い。常に主役であるこの父子は、少ししか出番がない役でも強烈な印象を与え、いままで歌舞伎座ではめったに主役を演じていない芝翫は、主役なのに影が薄くなる。「スター」というものは少年時代からスターとして扱わないと育たないものだ。

 国立劇場は「仮名手本忠臣蔵」完全通し上演の2カ月目。お軽と勘平の話の五、六段目を菊之助と菊五郎で、一力茶屋の場の七段目は吉右衛門の由良之助と、スター俳優が得意中の得意とする役を演じるためか、いつになく満席で理想的興行。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る