芝翫は主役でも影薄く…今も“スター主義”健在の歌舞伎界

公開日:

 11月は珍しく、歌舞伎座、国立劇場とも10月の「続き」である。歌舞伎座の中村芝翫襲名披露公演は出演者と演目を変えて2カ月目。昼の部は芝翫と息子3人で「連獅子」、夜の部は「盛綱陣屋」の盛綱を芝翫が初役で演じている。

 しかし口上で染五郎が「襲名する方々よりも多い5演目に出ております」と自分で言って笑わせていたように、全体に幸四郎・染五郎父子の印象が強い。常に主役であるこの父子は、少ししか出番がない役でも強烈な印象を与え、いままで歌舞伎座ではめったに主役を演じていない芝翫は、主役なのに影が薄くなる。「スター」というものは少年時代からスターとして扱わないと育たないものだ。

 国立劇場は「仮名手本忠臣蔵」完全通し上演の2カ月目。お軽と勘平の話の五、六段目を菊之助と菊五郎で、一力茶屋の場の七段目は吉右衛門の由良之助と、スター俳優が得意中の得意とする役を演じるためか、いつになく満席で理想的興行。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る