• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芝翫は主役でも影薄く…今も“スター主義”健在の歌舞伎界

 11月は珍しく、歌舞伎座、国立劇場とも10月の「続き」である。歌舞伎座の中村芝翫襲名披露公演は出演者と演目を変えて2カ月目。昼の部は芝翫と息子3人で「連獅子」、夜の部は「盛綱陣屋」の盛綱を芝翫が初役で演じている。

 しかし口上で染五郎が「襲名する方々よりも多い5演目に出ております」と自分で言って笑わせていたように、全体に幸四郎・染五郎父子の印象が強い。常に主役であるこの父子は、少ししか出番がない役でも強烈な印象を与え、いままで歌舞伎座ではめったに主役を演じていない芝翫は、主役なのに影が薄くなる。「スター」というものは少年時代からスターとして扱わないと育たないものだ。

 国立劇場は「仮名手本忠臣蔵」完全通し上演の2カ月目。お軽と勘平の話の五、六段目を菊之助と菊五郎で、一力茶屋の場の七段目は吉右衛門の由良之助と、スター俳優が得意中の得意とする役を演じるためか、いつになく満席で理想的興行。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る