• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豪華出演陣の感動作 「すもも」は自主映画から時代劇発信

「水戸黄門」「大岡越前」など長年、人気時代劇シリーズのメーン監督を務めてきた井上泰治さんの新作映画「すもも」の完成披露上映会が決定した。

 舞台は幕末の信濃。藤城藩のエリート藩士加川慎一郎(高杉瑞穂)は、大筒の演習中に暴発事故で負傷。右手も不自由になってしまう。許嫁も身分も失い、自暴自棄になりかけた彼に庄屋の宗右衛門は、寺子屋の先生になることをすすめる。顔のやけどから「バケモノ先生」と呼ばれる慎一郎と、子どもたちはなかなか馴染めなかったが……。

 幕末の動乱、障害を負った人間の苦悩と再生、人との支え合い。日本人が長く大切にしてきた心を多彩に織り込んだ内容だ。実はこの作品は井上監督を中心にした製作委員会による自主製作映画。「時代劇は日本のアイデンティティーと芸能文化を世界に発信する重要なコンテンツ」という監督の熱い心に共鳴した出演者、スタッフ、協賛企業が集結した作品なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る