大河「直虎」は脇役陣の“アナザーストーリー”が成否握る

公開日: 更新日:

 NHK内で時折巻き起こる「女主人公」ムーブメント。

 で、「おんな城主 直虎」。世俗から離れたい、身を引きたいと出家した女が、お家存続のために再び表舞台に引きずり出される物語。

 一度退いた女の人生をどう描くかは興味深い。二人羽織のごとく操られて、主語のない人生を送るのか、ややご都合主義でも揺るがない芯を貫くのか。主演の柴咲コウ(35)にどんな試練を背負わせるかは、脚本次第だ。

 大河は長丁場なので、他のドラマよりも脇役が肝に。アナザーストーリーを描く尺もある分、人物設定の厚みが要求される。そこで期待するのは3つの役割を担う人々。

 1つ目は主役を支えるサポーター。これは、南渓和尚を演じる小林薫(65)が担うのだろう。ただの人格者で終わらせず、煮ても焼いても食えない、あこぎな坊主であってほしい。また、謀略と裏切り、悪意が渦巻くであろう井伊家内では、筆頭家老の高橋一生(36)に期待する。できれば必要悪に転じるか、報われない生涯を送ってほしい。高橋ほどの手だれなら、逡巡と苦悩、悲運を演じ切れるはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る