大河「直虎」は脇役陣の“アナザーストーリー”が成否握る

公開日: 更新日:

 NHK内で時折巻き起こる「女主人公」ムーブメント。

 で、「おんな城主 直虎」。世俗から離れたい、身を引きたいと出家した女が、お家存続のために再び表舞台に引きずり出される物語。

 一度退いた女の人生をどう描くかは興味深い。二人羽織のごとく操られて、主語のない人生を送るのか、ややご都合主義でも揺るがない芯を貫くのか。主演の柴咲コウ(35)にどんな試練を背負わせるかは、脚本次第だ。

 大河は長丁場なので、他のドラマよりも脇役が肝に。アナザーストーリーを描く尺もある分、人物設定の厚みが要求される。そこで期待するのは3つの役割を担う人々。

 1つ目は主役を支えるサポーター。これは、南渓和尚を演じる小林薫(65)が担うのだろう。ただの人格者で終わらせず、煮ても焼いても食えない、あこぎな坊主であってほしい。また、謀略と裏切り、悪意が渦巻くであろう井伊家内では、筆頭家老の高橋一生(36)に期待する。できれば必要悪に転じるか、報われない生涯を送ってほしい。高橋ほどの手だれなら、逡巡と苦悩、悲運を演じ切れるはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る