「直虎」脚本・森下佳子氏が語るオファー時の迷いと覚悟

公開日: 更新日:

 題材はマイナーだが、ヒット作「真田丸」の次だけに視聴者の関心はメジャー級だ。8日にスタートするNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。ドラマづくりの要、今作の脚本を手がける森下佳子氏(45)に話を聞いた。

■「年表もすっかすか。どうすんねん!と」

 主演の柴咲コウ(35)が演じるのは、女性城主・井伊直虎。戦国時代に井伊谷(現在の浜松市北区)の領主だった井伊直盛の一人娘が「直虎」という男の名前で家督を継ぎ、一族存続の危機に立ち向かう勇姿を描いていく。しかし、直虎は地元でもほぼ無名で、史料も乏しい。そんな人物の生涯を書くにあたり、森下氏は「年表もすっかすか。どうすんねん! って思った」とオファー時の迷いを吐露していた。だが、すでに吹っ切れた様子でこうも語っていた。

「信玄や信長、秀吉に家康といった歴史上有名な人物にはきちんとした史料が残っているといわれていますが、それらもあくまで書きつづった人から見た像であり、書き手の想像が少なからず反映されていると思うんです。直虎に至っては史実自体、まだまだ検証の余地のある人物。だったら、今回の大河では私なりのカッコイイ直虎さんを書けばいい。『信長公記』や『信長記』を記した太田牛一よろしく、直虎版太田牛一になるような覚悟で挑んでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る