1年を「直虎」に捧げる覚悟 柴咲コウは下馬評を覆せるか

公開日:

 今年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に主演している柴咲コウ(35)。年女という節目に女優として大きな転機が訪れそうだ。何しろ、大河ドラマ初出演にして初主演。役者なら誰もが一度は演じたい大役となったのだ。

 柴咲自身も、本紙インタビューで「1年超えの長丁場。自分の人生を大きく変える年になるような気がする」と答えている。初回視聴率こそ16.9%と決して高くはなかったが、まだ子役シーンが中心で柴咲自身の出番はこれからである。

「相当な決意で大河の現場に臨んでいるようです。それは昨年以降の柴咲周辺の動きでもわかります。昨年夏に報じられた実業家との熱愛発覚もすぐに破局報道が出て火消し完了。ほぼ同時期に一部マスコミを騒がせた事務所独立騒動も、何事もなかったかのように収束。昨年からは音楽活動も好きなお酒も控えめにして大河ドラマの撮影に打ち込んでいます。前作『真田丸』が結果を出しただけにプレッシャーも大きかったと思いますが、今の柴咲を見ていると、女優としてひと皮むけそうな気配がみなぎっています」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る