保護者会で女帝気取り 元アイドルがママ友から総スカンか

公開日: 更新日:

「ご主人が昔アイドルだったからってねぇ、あの人なんなのよ……」

 新宿のカフェで聞こえてきたのは、元アイドルのYのコト。ミッション系の付属校に息子を通わせている“ママ友”たちのブーイングだ。

 ご主人との年齢差は10歳以上。アイドルの面影も今は昔……。

「ボスキャラで、いつも一派を従えて、ほんとウザい。『主人のディナーショーがぁ~』とか自慢げに言うし、夫が元ビッグアイドルだからってほんと何様って感じ!」

 子供の学校では自分は有名人の夫の妻、私は若い、私はカワイイ、と主張しているらしい。「保護者会に黄色のエルメス持ってくるなんてほんと趣味悪いわよね」「いい年して、(まつ毛の)エクステ盛りすぎよ!」とグチが止まらない。

 最近では大御所芸能人の葬式に夫婦で参列するくらいしか姿を見せないが……。

「結婚間際に性格の悪さが露呈して、業界内でも総スカンでしたからね」(芸能関係者)

 彼女の性格はいまだ変わらず、女帝として君臨しているらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る