日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

熟年離婚で需要も? 高橋ジョージから学ぶ“壮絶”老後人生

 いやはや、壮絶な人生ロードだ。歌手の高橋ジョージ(58)が先月31日に放送されたテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル」に出演。自らの半生を振り返ったのだが、その凄まじい中身が話題となっている。

 まず、幼少期を振り返った高橋は、中学1年で両親が離婚したことを告白。当時は珍しい父子家庭で育てられ、異常な“しつこい性格&嫉妬心”が生まれたという。中学2年の時には「放火犯」に仕立て上げられ、線路上で自殺未遂を試みたこともあったらしい。

 その後、バンドで一旗揚げようと上京。最初のバンド「トラブル」でデビューした82年に1度目の結婚をし、95年に離婚。今年3月にタレントの三船美佳(34)と離婚したばかりだが、実は“バツ2”だったという事実に、スタジオは騒然となった。

 三船との離婚について、高橋は「彼女の精神的成長をなめていた」「離婚のサインが出たときは遅い」「なんでもないようなことが幸せだったと思う」などと、自らの体験を交えてレクチャーした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事