日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カレー好きの森山直太朗も納得!インドカレーの隠れた名店「ライオンシェア」

 軽快なトークがうけて、バラエティー番組にもたびたび出演しているシンガー・ソングライターの森山直太朗(37)。カレーが大好物で、ある番組で紹介したのが代々木にあるインドカレーの店「ライオンシェア」だ。

 場所は代々木駅から徒歩10分ほどのマンションの1階。カレーはかつて長野県松本市に店を構えていたインドカレーの名店「シュプラ」の味をそのまま受け継いだもので、作り方も食べ方もオリジナリティーにあふれている。「小麦粉は一切使用せず、油もほとんど使わず、素材の持ち味、スパイスの風味を生かしています」と話すのはスタッフ。

 パラパラに仕上げたドライキーマカレー、そしてじっくり煮込んだスープカレーと、主に2種類のカレーがあり、どちらも地元客のみならず遠方のファンにも幅広く親しまれている。

 ランチタイムのオススメは、2種類のカレーがセットになった「Aランチ」(1200円)。ひとつはキーマカレー、もうひとつは数種類の中から好みでチョイスできるというもので、店のイチオシは骨付きチキンと完熟トマトが入ったスープカレー「トマトとチキンのカレー」との組み合わせだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事