戸建にすみながら生活費融資 リバースモーゲージの損得

公開日:  更新日:

 子供も独立し、夫婦2人暮らし。庭の草取りは大変だし、空き巣や火事、地震も心配だ。いっそのこと広すぎる自宅を処分、田舎に移り住むか。そんなふうに考えている人も多いのではないか? 
 しかし、ちょっと待って欲しい。東京やその周辺に住んでいれば、自宅に住み続けながら生活費やまとまったお金が借りられるリバースモーゲージが利用できる。老後の生活資金に不安な人にはよさそうだが、問題はないのか?

 リバースモーゲージは中高年が自宅を担保に銀行からお金を借り、死後に清算する借金法だ。

 神奈川県川崎市に一戸建てを構えながらも、老後の生活費に不安を持つ浅野隆弘さん(仮名、64歳)も、いざとなったら頼りたいという。

「融資には有料老人ホームの入居資金、家のリフォーム資金としてまとまった額を受け取るタイプと、定期的に一定額を受け取るタイプなどがあります。返済は高齢者の死後、相続人がその家を売却して清算するため、利子を含めて本人が返済することは基本的にありません。融資の担保となる不動産は基本は土地で、一部の金融機関のリバースモーゲージを除き、マンションは対象になりません」(都市銀行関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る