「東京暮らしは足立区で」 森永卓郎氏が説く生活防衛術

公開日:  更新日:

 消費増税に徹底して反対してきた経済アナリストで独協大教授の森永卓郎氏(56)は、「引き上げられてしまった以上、とにかく節約してやりくりするしかない」と言う。財布のヒモの締め方を聞いた。

「これからは、経済が成長しないのに、物価だけが上がる構造になります。恥ずかしがらず、できるだけお金をかけないことが大切です。そのために、都内で暮らしたい人は、足立区に住みましょう。例えば、北千住や竹ノ塚などです。とにかく物価が安い。商店街では糸こんにゃくが2キロ50円で売っていたり、ニンジン、タマネギの100グラム10円セールをやっています。足立区は都心に出るにも交通の便が悪くないし、オススメします」

■固定費は徹底削減

 節約を実践するには、あらゆるオプションを試す気概も必要だという。
「電球をLEDにして電気料金の基本アンペアを下げる、住居費、通信費、生命保険を見直して『固定費』を増やさない、といったことは、もはや当たり前。この増税社会を生き抜くためには、プラスアルファが必要です。自販機の飲料水の値段が上がったのに、ミネラルウオーターを買い続けているあなた。どこかで見えを張っていませんか? これからは、ティーバッグを入れた水筒を持ち歩きましょう。役所に行けばウオータークーラーがありますし、ほとんどの会社に給湯室がある。そこで水やお湯を補充すれば、特製のお茶を格安料金で飲めます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る