家を担保に融資 「リバースモーゲージ」で親の介護費を補う

公開日:  更新日:

 働き盛りの中高年に介護は切実な問題だ。老親の世話をしたくとも家が狭い、施設に預けたくとも蓄えがない。そこで思い浮かぶのが、家を担保に融資を受ける「リバースモーゲージ」。その費用で介護施設を利用する方法だ。果たして、リバースモーゲージ利用で親子がハッピーになれるのか……。

 3人兄弟の長男である吉田浩一さん(仮名、57歳)が両親の介護を身近な課題だと感じたのが3年前。77歳の父と75歳の母が揃って白内障の手術を受け、その快気祝いに3兄弟夫婦が集まった席でのことだった。

 1年ぶりに会った両親の体力は一段と衰え、和室での食事の席に座る・立つという単純な動作がつらそうで見ていられない。トイレに入った親父の戻るまでの時間が長くて、倒れたのかと思ったほどだった。その席に集まった3兄弟とその連れ合いは、揃って「両親2人だけの生活は難しい」と思ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る