朝食は和食がお得! 生活防衛に役立つ「値下がり品」リスト

公開日:  更新日:

 朝食はトーストに目玉焼き、それにソーセージとレタスを添えて、飲み物は牛乳。そんなサラリーマンは考え直したほうがいい。消費増税後の物価上昇の大波をモロに受けているからだ。

 総務省の消費者物価指数(6月)によると、食パンは前年同月比で3・5%上昇。鶏卵11・5%、ソーセージ10・9%、レタス13・5%、牛乳6・2%とそれぞれアップしている。

 12日、日銀は企業物価指数(7月)を公表した。企業間取引における値動きを示すものだが、消費増税の影響が激しく、前年同月比で4・3%の上昇だった。増税の影響を除いても1・5%アップだ。

「企業間取引の物価上昇がこれだけ大きければ、小売価格はもっと影響を受けているはずです。生活実感は、増税分をはるかに上回る値上げラッシュですから、生活防衛に走るしかないでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る