朝食は和食がお得! 生活防衛に役立つ「値下がり品」リスト

公開日:  更新日:

 朝食はトーストに目玉焼き、それにソーセージとレタスを添えて、飲み物は牛乳。そんなサラリーマンは考え直したほうがいい。消費増税後の物価上昇の大波をモロに受けているからだ。

 総務省の消費者物価指数(6月)によると、食パンは前年同月比で3・5%上昇。鶏卵11・5%、ソーセージ10・9%、レタス13・5%、牛乳6・2%とそれぞれアップしている。

 12日、日銀は企業物価指数(7月)を公表した。企業間取引における値動きを示すものだが、消費増税の影響が激しく、前年同月比で4・3%の上昇だった。増税の影響を除いても1・5%アップだ。

「企業間取引の物価上昇がこれだけ大きければ、小売価格はもっと影響を受けているはずです。生活実感は、増税分をはるかに上回る値上げラッシュですから、生活防衛に走るしかないでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る