「愛している」もOK 死後に想いを伝えるサービス急増中

公開日:

 34歳で亡くなった小林麻央さんのように、働き盛りのサラリーマンも突然の不幸に見舞われることがある。病気でなくても、事故、テロ、自然災害など、いつどうなるか分からない時代だ。「できることなら、家族や大切な人に自分の思いを残したい」――そんなニーズに応えた死後サービスが増えている。

 例えば墓石・石材販売の良心石材(千葉県香取市)は、昨年、故人が思い出の場所に現れるアプリ「Spotmessage(スポットメッセージ)」を発表し話題になった。「ポケモンGO」と同じく、AR技術とGPSを利用したサービスで、ゆかりの場所を登録しておけば、訪れた人はスマホで故人のメッセージなどを見られるというもの。墓参りのたびに大切な人に“会える”わけだ。

 指定した相手に、電話やメールなどでメッセージを伝えてくれるサービスも登場した。寝装・インテリア製品の製造機械の販売などを手掛けるエスカコーポレーションの「言伝屋(ことづてや)」がそれ。同社取締役統括部長の畑田浩伸さん(47)の経験から生まれたサービスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る