「愛している」もOK 死後に想いを伝えるサービス急増中

公開日:

 34歳で亡くなった小林麻央さんのように、働き盛りのサラリーマンも突然の不幸に見舞われることがある。病気でなくても、事故、テロ、自然災害など、いつどうなるか分からない時代だ。「できることなら、家族や大切な人に自分の思いを残したい」――そんなニーズに応えた死後サービスが増えている。

 例えば墓石・石材販売の良心石材(千葉県香取市)は、昨年、故人が思い出の場所に現れるアプリ「Spotmessage(スポットメッセージ)」を発表し話題になった。「ポケモンGO」と同じく、AR技術とGPSを利用したサービスで、ゆかりの場所を登録しておけば、訪れた人はスマホで故人のメッセージなどを見られるというもの。墓参りのたびに大切な人に“会える”わけだ。

 指定した相手に、電話やメールなどでメッセージを伝えてくれるサービスも登場した。寝装・インテリア製品の製造機械の販売などを手掛けるエスカコーポレーションの「言伝屋(ことづてや)」がそれ。同社取締役統括部長の畑田浩伸さん(47)の経験から生まれたサービスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る