• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

文科省「置き勉解禁」は小手先 識者が提唱する抜本解決策

投稿日:

 小学生が背負うランドセルが重い――。保護者らからの意見を受け、文科省が各都道府県教育委員会に、学校に荷物の一部を置いて帰るなどの対応を求める通知を出すことになった。

 ランドセルメーカー「セイバン」の調査では、1週間のうち最も重い日の荷物重量は平均約4・7キロで、ランドセルの重さを含むと平均約6キロ。小学生の約3割がランドセルを背負った時に痛みを感じているという。

 通知では、▼家庭学習に使わない教科書を学校に置いておく▼大きな荷物を分散して持ち帰る▼教材のアサガオの鉢植えなどは保護者に持って帰ってもらう――などの参考例を示す見通し。具体的な方法は各学校に検討を求め、子どもの体への負担軽減を図る。

 文科省は「禁止していたわけではないので、これまでも学校の判断で荷物を置くことを容認することは可能でした。現状、禁止しているか、容認しているかの実態は調査しておらず把握していない。両方あるのではないか」(教育課程課教育課程企画室)と答えた。これまでも学校の判断で「置き勉」を許せたが「ほとんどの学校は禁止してきた」(小学校関係者)ようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る