取得率は5% 男性の育休阻止の「パタハラ」がはびこる要因

公開日:

 積水ハウスは今月から男性社員が1カ月以上の育児休暇を取得することを義務化。1週間程度のケースはあったが、1カ月以上は異例で注目されている。

 厚労省は男性の育児休暇取得を推進。2020年度までに取得率を13%にするのが目標だ。しかし、これまでの最高は17年度の約5%。目標達成には遠く及ばないが、その障害のひとつが「パタニティーハラスメント」だといわれている。全日本育児普及協会会長の佐藤士文氏に聞いた。

「パタニティーハラスメントとは、育休や育児のための時短勤務を希望する男性社員に対する嫌がらせのこと。たとえば、育休を申請しようとした社員に、『考え直せ』『出世に響くぞ』と上司が脅しめいたことを言うのは、その典型です」

 佐藤氏自身も育休を取得したが、当時勤めていた大手企業では初めてだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る