災害に便乗し…悪徳業者の「損害保険で負担ゼロ」に要注意

公開日:

 西日本豪雨、台風21号、北海道地震と大災害が相次いでいる。災害に便乗した悪徳商法はいつものことだが、損害保険を前面に出した極めて巧妙なインチキ商法が激増している。なんと10年前の30倍。「業者の間に手口のノウハウが広まっているのではないか」(国民生活センター・相談情報部の担当者)というから恐ろしい。

「損害保険を使って自己負担ゼロで住宅の修理ができる。保険金が出るようにサポートします」――。悪徳業者はこう誘う。自然災害で住宅などに生じた損害に対して保険金を請求することは正当な権利だし、それを業者が対価を得て手伝うのもアリだ。だが、実際は負担ゼロには程遠く、業者は豹変する。
<数年前の大雪でゆがんだ屋根について「保険で負担なく修理ができる」と言われた。ところが下りた保険金が少なく、修理できなかったが、保険手続きのサポート代として、30%の手数料を請求された。手数料の説明は事前になかった>(70代女性)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る