• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

災害に便乗し…悪徳業者の「損害保険で負担ゼロ」に要注意

 西日本豪雨、台風21号、北海道地震と大災害が相次いでいる。災害に便乗した悪徳商法はいつものことだが、損害保険を前面に出した極めて巧妙なインチキ商法が激増している。なんと10年前の30倍。「業者の間に手口のノウハウが広まっているのではないか」(国民生活センター・相談情報部の担当者)というから恐ろしい。

「損害保険を使って自己負担ゼロで住宅の修理ができる。保険金が出るようにサポートします」――。悪徳業者はこう誘う。自然災害で住宅などに生じた損害に対して保険金を請求することは正当な権利だし、それを業者が対価を得て手伝うのもアリだ。だが、実際は負担ゼロには程遠く、業者は豹変する。
<数年前の大雪でゆがんだ屋根について「保険で負担なく修理ができる」と言われた。ところが下りた保険金が少なく、修理できなかったが、保険手続きのサポート代として、30%の手数料を請求された。手数料の説明は事前になかった>(70代女性)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る