中堅サラリーマン再就職先に活況「顧問」のニーズとスキル

公開日: 更新日:

 定年退職後の働き方として「実務型顧問」が注目されているという。OBがご意見番となる「顔役顧問」とは違う。課題の解決まで直接携わるのが「実務型顧問」。総務部や経理部などを数十年勤めてきたごく普通のサラリーマンがやれる仕事だ。「あなたのキャリアをお金に変える!」(集英社)の著者で、プロフェッショナル顧問協会の代表理事・齋藤利勝氏はこう言う。

「実務型顧問を求める企業は、もともとIT等、業界に偏りがありましたが、最近は製造、金融、医療業界も積極的です。企業規模も、ベンチャー、中小企業から大手、老舗企業と広がっていて、あらゆる環境で働けるチャンスが出てきました」

 たとえば、食品メーカーの研究開発部を60歳で定年退職したAさんは、2週間に1度、「大手素材メーカー」に通う日々を送っている。新規事業開発の顧問に就任し、プロジェクトメンバーにメーカーのノウハウを助言する。顧問業は正社員ではないため、残りの時間はジム通いや習い事、旅行など“第二の人生”を充実させることもできるし、顧問業を複数兼務することも可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る