中堅サラリーマン再就職先に活況「顧問」のニーズとスキル

公開日:

 定年退職後の働き方として「実務型顧問」が注目されているという。OBがご意見番となる「顔役顧問」とは違う。課題の解決まで直接携わるのが「実務型顧問」。総務部や経理部などを数十年勤めてきたごく普通のサラリーマンがやれる仕事だ。「あなたのキャリアをお金に変える!」(集英社)の著者で、プロフェッショナル顧問協会の代表理事・齋藤利勝氏はこう言う。

「実務型顧問を求める企業は、もともとIT等、業界に偏りがありましたが、最近は製造、金融、医療業界も積極的です。企業規模も、ベンチャー、中小企業から大手、老舗企業と広がっていて、あらゆる環境で働けるチャンスが出てきました」

 たとえば、食品メーカーの研究開発部を60歳で定年退職したAさんは、2週間に1度、「大手素材メーカー」に通う日々を送っている。新規事業開発の顧問に就任し、プロジェクトメンバーにメーカーのノウハウを助言する。顧問業は正社員ではないため、残りの時間はジム通いや習い事、旅行など“第二の人生”を充実させることもできるし、顧問業を複数兼務することも可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る