中堅サラリーマン再就職先に活況「顧問」のニーズとスキル

公開日: 更新日:

 定年退職後の働き方として「実務型顧問」が注目されているという。OBがご意見番となる「顔役顧問」とは違う。課題の解決まで直接携わるのが「実務型顧問」。総務部や経理部などを数十年勤めてきたごく普通のサラリーマンがやれる仕事だ。「あなたのキャリアをお金に変える!」(集英社)の著者で、プロフェッショナル顧問協会の代表理事・齋藤利勝氏はこう言う。

「実務型顧問を求める企業は、もともとIT等、業界に偏りがありましたが、最近は製造、金融、医療業界も積極的です。企業規模も、ベンチャー、中小企業から大手、老舗企業と広がっていて、あらゆる環境で働けるチャンスが出てきました」

 たとえば、食品メーカーの研究開発部を60歳で定年退職したAさんは、2週間に1度、「大手素材メーカー」に通う日々を送っている。新規事業開発の顧問に就任し、プロジェクトメンバーにメーカーのノウハウを助言する。顧問業は正社員ではないため、残りの時間はジム通いや習い事、旅行など“第二の人生”を充実させることもできるし、顧問業を複数兼務することも可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  9. 9

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

  10. 10

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る