中堅サラリーマン再就職先に活況「顧問」のニーズとスキル

公開日: 更新日:

 定年退職後の働き方として「実務型顧問」が注目されているという。OBがご意見番となる「顔役顧問」とは違う。課題の解決まで直接携わるのが「実務型顧問」。総務部や経理部などを数十年勤めてきたごく普通のサラリーマンがやれる仕事だ。「あなたのキャリアをお金に変える!」(集英社)の著者で、プロフェッショナル顧問協会の代表理事・齋藤利勝氏はこう言う。

「実務型顧問を求める企業は、もともとIT等、業界に偏りがありましたが、最近は製造、金融、医療業界も積極的です。企業規模も、ベンチャー、中小企業から大手、老舗企業と広がっていて、あらゆる環境で働けるチャンスが出てきました」

 たとえば、食品メーカーの研究開発部を60歳で定年退職したAさんは、2週間に1度、「大手素材メーカー」に通う日々を送っている。新規事業開発の顧問に就任し、プロジェクトメンバーにメーカーのノウハウを助言する。顧問業は正社員ではないため、残りの時間はジム通いや習い事、旅行など“第二の人生”を充実させることもできるし、顧問業を複数兼務することも可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る