日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

たばこ追放だけじゃない…WHOはさらなる規制強化社会狙う

 WHOのトップ、マーガレット・チャン氏は2007年、事務局長に就任。現在2期目である。香港でSARSが猛威をふるった03年、香港衛生局長だった同氏は7月、SARS対応の失敗が問題視された過去を持つ。11年の選挙は無投票で再選された。

 豪州のPP(プレーン・パッケージ)規制が実施された後、13年にチャン氏はこう言い放ったと報じられている。

「たばこだけではなく、巨大な食品、炭酸、アルコールと戦わなければならない」

 規制の網をたばこだけでなく、他の商品にまで拡大させようということだ。実際、世界の動きはWHOの狙い通りに進み始めている。

「その最たる国が英国です。世界でも有数のアルコール摂取量指針を採用する方針で、今年1月、英政府は摂取量の新ガイドラインを公表しました。男女の差を撤廃し、男性の摂取上限を大幅に削減したものです。このほか、清涼飲料水に含まれる砂糖の量に応じて課税する砂糖税を18年から導入することも決まりました。砂糖入り清涼飲料水への課税を巡っては、WHOが今年1月に課税を推奨する報告書を発表。米国の一部の州やフランス、メキシコなどがすでに実施しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事