世界禁煙デーでWHOが意気込む“プレーン・パッケージ”とは

公開日: 更新日:

 5月31日は「世界禁煙デー」。受動喫煙のない社会を目指すと意気込むWHOは国際社会に向けたスローガンを掲げ、さらなる規制強化を進めようとしている。愛煙家はますます肩身が狭くなるが、それよりも見逃せないのはWHOがたばこだけでなく、アルコールや砂糖にまで厳しい規制をかけようという構えを見せ、一部の国で同調する動きが出てきていることだ。「公衆衛生」「健康」という大義名分の下、表現の自由、選択の自由、販売の自由がどんどん侵されようとしているのはどうなのか。

 今年の「禁煙デー」でWHOが掲げたスローガンは、たばこの「プレーン・パッケージ(PP)の準備をしよう」。たばこのパッケージから消費を促進するようなロゴ、彩色、ブランドイメージの表示を一掃しようというものだ。地味な配色の製品名称と会社名だけの表示を許可し、ブランドイメージの表示も禁止、目をそむけたくなるような病変部の写真が印刷されたパッケージが登場している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  10. 10

    長澤まさみ20周年に相次ぐ試練…共演者の死と元カレ逮捕

もっと見る