世界禁煙デーでWHOが意気込む“プレーン・パッケージ”とは

公開日: 更新日:

 5月31日は「世界禁煙デー」。受動喫煙のない社会を目指すと意気込むWHOは国際社会に向けたスローガンを掲げ、さらなる規制強化を進めようとしている。愛煙家はますます肩身が狭くなるが、それよりも見逃せないのはWHOがたばこだけでなく、アルコールや砂糖にまで厳しい規制をかけようという構えを見せ、一部の国で同調する動きが出てきていることだ。「公衆衛生」「健康」という大義名分の下、表現の自由、選択の自由、販売の自由がどんどん侵されようとしているのはどうなのか。

 今年の「禁煙デー」でWHOが掲げたスローガンは、たばこの「プレーン・パッケージ(PP)の準備をしよう」。たばこのパッケージから消費を促進するようなロゴ、彩色、ブランドイメージの表示を一掃しようというものだ。地味な配色の製品名称と会社名だけの表示を許可し、ブランドイメージの表示も禁止、目をそむけたくなるような病変部の写真が印刷されたパッケージが登場している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る