止まらぬ「たばこ規制」 先行する豪州では仰天値上げが

公開日:  更新日:

「世界禁煙デー」当日(5月31日)、厚生労働省は、「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達を守ろう~」をテーマに普及啓発活動を展開。東京・丸の内で「世界禁煙デー記念イベント」を開催した。

 イベントには、いきいき健康大使でシンガー・ソングライターの平原綾香さん、パラリンピアンの谷(旧姓・佐藤)真海さんらが参加したトークディスカッションや国立がん研究センター・がん登録統計解析室長の片野田耕太氏による講演が行われた。講演では受動喫煙が原因で死亡する人は、国内で年間約1万5000人との推計結果が実にタイミングよく発表された。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、たばこ規制、禁煙強化政策が繰り広げられていくことになるのは間違いない。WHOが推進するプレーン・パッケージ(PP)規制にしても、すでに数年前から国内でも議論が始まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る